なんとかなるっしょ

自分はこの言葉が好きです

 

 

人によっては「無責任だ」っていう人もいるかもしれません

 

 

 

だけどこの無責任さが好きです(笑)

  

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生時代、

 

 

 

この夏休み、勉強してました 

 

 

 

今までの人生の中で一番っていえるくらい勉強してました

 

 

 

「天王山を制すんだ」って、はりきってました

 

 

 

そしたら夏休みが終わって秋が来たとたん、勉強する気が全く起きなくなりました

 

 

 

毎日、毎日同じことの繰り返し

 

 

 

いくら焦ってもやる気が追い付かないで辛かった

 

 

 

「やらなくちゃ、やらなくちゃ」って思っても空回りする気持ち

 

 

 

成績は下がらずも上がらず、現役生に越されていく

 

 

 

 

 

 

 

「こんなはずじゃなかった」

 

 

 

浪人すれば、どこでも好きな大学に入れるって思ってた

 

 

 

理想と現実のギャップ 

 

 

 

友達との無駄話が増える一方

 

 

 

迫りくる時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月

 

 

食堂で夕飯の時間、

 

 

 

友達と一緒にテレビを見ていると

 

 

 

女優さんのインタビューだった

 

 

 

名前も知らない

 

 

 

駆け出しの女優

 

 

 

映画にも出るくらいなので当然キレイ

 

 

 

テレビに釘づけの俺達… (笑)

 

 

 

 

そして、よくあるサイン色紙プレゼントの時間

 

 

 

 

その女優さんの好きな言葉が書いてあった 

 

 

 

 

 

 

「なんとかなるっしょ」

 

 

 

 

 

彼女がなぜその言葉を選んだかは聞いたんだけど忘れてしまった

 

 

 

 

 

その言葉を聞いた時、涙がこぼれそうになった

 

 

 

  

俺の友達も 「やばい…」 って言いながら、涙ぐんでた

 

 

 

 

 

 

 

 

つらい時は心が弱くなる 

 

 

 

  

少しの言葉に敏感になる

 

 

 

 

一生懸命走り続けてきて、

 

 

 

 

 

またこれからも走りたいと願っているんだけど

 

 

 

 

 

体がいうことをきかない

 

 

 

 

心がついていかない

 

 

 

 

 

 

  

そんなときに

 

 

 

 

すごいすごい自分の気持ちを考えてもらって言われる「がんばれ」よりも

 

 

 

 

 

やさしく相手に何も望まない「なんとかなるよ」の一言のほうが 

 

 

 

 

俺は好きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、自分で振り返ってみると少しだけ

 

 

 

 

「甘えてるな」だったり

 

 

 

「わがまま」だな

 

  

 

って思うけど

 

 

 

 

 

そこまで走り続けてきた人の「わがまま」だったり「甘え」だったりするなら

 

 

 

 

いいとおもう

 

 

 

 

 

 

「涙をまく人は、やがて喜びを刈り取ります」

             詩篇129:5

  

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

企業者能力の発揮のための条件(by 経済学の教授)

薬を学んでるモトイです

理系の勉強が多い中でも、文系の授業も選択でとるんす

そして前の学期でとったのが、何をかくそう経済学

この経済学の先生の話が面白い&テストが簡単ということで、雑談に一番集中してました(笑)

その中でも「おお~」っと思ったことがあるのでシェアするね

ちぃっと堅苦しくなるけど最初だけだから忍耐して読んでみて

 

 

資源(お金を作るもの)には人的資源(人の能力)と物的資源(石油やら売れるものor加工すれば売れるもの)の二種類がある

 

人的資源は主に二つに分けられる

労働(力)と企業者能力だ

労働(力)っていうのは、財(お金、財産)を生産するための人間の肉体的・精神的能力全般のこと

企業者能力っていうのは、新製品の発明や新技術の導入など(つまり新しいこと)の生産におけるイニシアティブ(リーダーシップみたいな感じ)を担い、革新(イノベーション)を起こす、特別な人的能力のこと

企業者能力が、経済発展の原動力となる!!

そして、この革新(新しいことを思いつき、実行し、古い形を変えること)を起こすにはインスピレーションだったり、ひらめきだったり、天啓が必要

そしてこの企業者能力を発揮するには条件がある

 

 

企業者能力の発揮のための条件

 

1、理想(夢)をもっていること

2、聖なる静寂な時間をもっていること

3、自助努力の精神(他人に頼らないで、自分の力で向上しようとする努力の心)をもっていること

4、自由(精神的、肉体的に)であること

5、熱意があること

6、うたれ強さをもっていること

 (なお、1、5、6は一流であるための条件)

  以上である(by経済学の先生)

これを聞いてるときに思った

 

1→神様を愛して、人々を愛する

  VISIONをもってる

 

2→ジャーナルをする時間、祈る時間

 

3→神様が用意してくれてるベストな計画をしっていれば、努力できる

  

4→俺たちは罪の悪循環から解放された!!俺たちを縛るものは何もない!!

 

5→イエス様が俺のために死んでくれた

 →この命に価値がある!!

 →熱く生きちゃる!!!

 →情熱

 

6→チャーチのみんなからPositiveパワーをもらえば、どんなに辛くてもまた立ち上がれる!!

 

 

みんな… 俺達できるんじゃね?笑

 

 

 

今日の証はERIです!!レッツラゴー!!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

 

 夏休み終了まであと20日…

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アカシ始めました

高校生のころ、携帯のアドレスを変えて誰にも変更を送らなかったモトイです

 

メールがあんま好きじゃなかったんす

メールよりも電話したほうが確実に早いのに、なんで電話しないの?とか

携帯持ってると常に四六時中、どこにいても縛られてる感があったんで

 

そんな機械オンチな俺も今ではブログをやっています

地元の友達が「俺がブログやってる」ことを聞いたら驚くくらい

すごい証です(笑)

 

 

そしてこのパソコン上でもそんなすっごい証を聞けるんです!!

なんとJESUS LIFFEHOUSE OSAKAの人たちの熱い証が無料で聴けちゃうんです

YouTube便利ですね(笑)

 

これから毎日アップしていこうと思います

今日の証をしてくれる人は…

 

カズキくんです!!!

もうただただ見てくれ!!面白すぎる!!登場シーンから最高です!!

 

 

 

 

YouTubeがやっとブログに貼れた…

 

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

 

 夏休み終了まであと21日…

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

証の力

 自分、実家は新潟です

 日本一の降雪量を誇る、上越(高田)に実家がある

 あまりにも雪が降るから、一つの家に歩道まで伸びてる屋根があって、それが多くの家によって連なってて、一つの大きなアーケードみたいになってます

 いわゆる雁木(がんぎ)

 そんだけ雪降ります

 

 

 そんな実家にこないだ、帰ってました

 二、三日っていう短い期間だったけど充実してた!!

 カラオケにも行った!!

 カラオケが東京と比べるとありえないくらい安いんさ!!

 よく高校生のころ、テスト終わったら行ってた

 いつも決まった四人で

 昼の一時位から、夕方の六時くらいまでいて、

 500円!!

 しかもドリンク飲み放題!!

 最高だったね

 

 で、やっぱり実家に帰ると友達がいます

 友達と話します

 いろんな話をします

 「最近どうよ~?」とか

 「いま何やってんの~?」とか

 

 

 そんなこんなで話してるうちに

 「モトイ、クリスチャンってどうなの?」

 っていう話になる。

 結構突っ込まれて、まったく答えることができなかった(笑)

 

 「ユダヤ教とキリスト教の違いって何?」とか

 「カトリックとプロテスタント、どっちが原理主義なの?」とか

 ごめんわかんねーやw

 

 なんか難しく考えすぎだよねって思うけど、そういえば俺がノンクリスチャンだった時もそんな感じだった

 理屈に理屈をこねくり回して、めちゃくちゃ頭で理解しようとしていた

 

 で、その友達と別れたあと、思ったのが

 「証をすればよかった~」

 っていうこと

 

 証っていうのは自分がどうやってクリスチャンになったか、クリスチャンになってどう変わったかを話すことなんだけど、

 やっぱり、一番、証を話すことが手っ取り早いし、お互い理解できるんだと思う

 

 チャーチで五分間の証を前やった

 通訳を入れて五分

 実質、自分だけだったら、三分くらい

 

 相手がカップラーメン作ってる間に証できるじゃん!!!笑

 

 三分間だけどすごい力強い、最高の、神様を紹介する機会になること間違いなしだね

 

 そんなこんなで、明日から証シリーズ、アップさせてもらいます!!

 

  

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

 

 夏休み終了まであと22日…

| | コメント (6) | トラックバック (1)

Yell

 Yell ~エール~

 

昨日テレビで流れてて、「懐かしい」感じになりました

 

今日の一曲ですね

 

上京して来た時、卒業式や入学式にぴったり

 

逆にこの時期にきくと、いい刺激になると思います!!

 

 

 

 

 

「止まってしまったら、動きだしゃいいじゃん!!」

 

 Yell ~エール~ 歌詞

 

 

 

 「現実と夢が今 遠くかけ離れていても

 

 

 そう 無駄じゃない その姿を 遠い場所で誰かが見てるのさ」

 

 

 

 

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

 

 夏休み終了まであと24日…

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

I have reason to…

 浜崎あゆみの「seasons」を、姉と一緒に「セアソンズ」と読んでいたモトイです。

 お元気で?

 

 Hillsongの「DESERT SONG」

 最近はまってます 

 デザートの歌? 砂漠の歌? 誰か教えてください

 

 とにかく 歌詞で好きな箇所がありやす

 

All of my life

In every season

You are still God

I have reason to sing

I have reason to worship

 

 

 

I have reason to…

…のところに思う限り言葉を入れてみる

 

 

 

歌うこと

 

賛美すること

 

ご飯を食べること

 

寝ること(笑)(寝過ぎ)

 

本を読むこと

 

朝、ベッドから起きること

 

ジャーナルをつけること

 

チャーチに行くこと

 

勉強すること

 

祈ること

 

友達と話すこと

 

笑うこと

 

子育てすること

 

料理を作ること

 

洗濯物をたたむこと

 

ブログを書くこと

 

歩くこと

 

走ること

 

シュートを決めること

 

休むこと

 

泣くこと

 

信じること

 

 

 

そして…

 

 

 

生きること

 

 

 

 

 

 

今、

 

 

 

 

胸を張って言える

 

 

 

 

 

「生きる理由がある

 

 

 

 

 

 

 

神様、俺にはあなたと生きる理由があります。」

 

 

 

 

 

 

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。

わたしはあなたを愛している。」

              イザヤ書43:4

 

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

 

 夏休み終了まであと26日…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

終わっちまったな!!(笑)

ぬォォぉォォおおおおお~

 

大変だ~

てー変だ!!

 

夏休みが終わろうとしているよ~

ヤバいよ ヤバいよ(出川風)

 

大学始まるのが9月の16日

夏休みはあと27日間しかないっす

 

やばい まじでヤバい

夏休みあと半分しかない

 

一体この夏休み半分何してたのかっていうと…

主に寝てました(笑えない)

 

えらいこっちゃですよ

 

 

マジで「姉さん、事件です」って感じです (高嶋か!)

 

「まだあせる様な時間じゃない」(って仙道か!!)

 

 

パニくってます

 

動かねば… 動かねば!!

 

夏休み終わった瞬間に
 

「夏休み、やっちまったな!!!」

 

って言わないようにしないと!!!

 

元ネタがわからない人はこちらを見てくれ↓

                                          クールポコ YouTube

 

「まだやっちまってない!!」

 

 

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

 

夏休み終了まであと27日…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

友情に必要なもの

 こんちは 「開封前によく振ってください。」と書いてあるのを、開封してから気づくモトイです(笑)

 夏休み真っ最中です

 

 よく小学生のとき、夏休み、学校の図書館で「ズッコケ三人組」を借りてました

 夏休みっていうと、膨大に時間があってやりたいこと何でもできるイメージがあるけど、ぶっちゃけそんなにできない。

 夏休みは~ やっぱり~ 短い~

 って歌がポンキッキーズであったような…(笑)

 

 そんなこんなで夏休みは短いながらも、本を読むのにけっこう適してるんじゃないんでしょうか?

 っていうわけで本読んでます

 

 リック・ウォレンの有名すぎる「人生を導く5つの目的」

 この本はヤバい

 

 世界中たくさんの本が売られてる

 どっちかて言うと、「自分を磨く」っていう本よりも小説の方が好きです

 だって「一日~分で人生が変わる!!」とか「人より愛されるための~個の法則」とかそんな本、めちゃくちゃ売られてるし、何が正しくて、何が間違ってるかもあいまいだし、もうとにかくうんざり

 

 だから小説のほうが単純に面白い

 1つのストーリーがあって、特定の登場人物がいて、そこにしかない感動があるから

 

 だけど、何回も読みたいって思える小説にはまだ出会っていない

 やっぱりストーリーのすべてを知ってしまうと、もう一度読む気力がなくなってしまう

 だから小説を何回も読める人ってすごいなって思う

 マンガだったら何回でも読めるんだけどね(笑)

 

 「5つの目的」は前者に当てはまる

 どうすればクリスチャンとして成長できるか?

 もっと神様と近づくことができるのか?

 神の栄光を表すための5つの法則が書いてある

 

 これを最初に読んだ時、内容の豊富さと訳のわかりやすさにびっくりした

 書いた人ももちろんすごいけど、それと同時に訳した人もすごい

 日本語で書かれたんじゃないか?ってくらい

 

 そしてこの本は何回も何回も読んで自分の血や骨にしたいと思った本の二冊目

 一冊目は聖書

 人生20年生きてきて、繰り返し読もうと思う本はこの二冊しかない

 だからこそこの二冊は大事に読みたい

 

 さてさてその「5つの目的」の12章の導入部分の文章があまりにもインパクトがあったので書くね

 「どれだけ神と親しくなれるかは、あなたの選択にかかっています。

 どのような人間関係にも言えることですが、神との友情を深めていくためには、努力をしなければなりません。それは偶然には起こりません。

 あなたはそれを心から願い、そのため時間を割き、そこにエネルギーを注ぎ込まなければならないのです。

 神ともっと深く親しい関係を築きたいと思うなら、神に対して自分の正直な気持ちを打ち明け、神に何かするように言われた時には神に信頼してそれを行い、また神が大切にしておられるものを大切にすることを学ばなければなりません。

 そして、他の何にもまして神との友情を求めなければなりません。」

 

 

 神様と友情をどうやって築くかについて書いてあった

 「友情」っていうテーマについて自分はそんなに深く考えたことがない

 なぜなら友情は、付き合って時間をかけることが一番の方法だという自分の考えがあったから

 友情っていうのは、そんなに頑張って手に入れるもんじゃなく、気がつけばそこにあるものだと思っていた

 長く長く付き合えば、それだけ関係は深まるし、絆は強くなるっていうもんだと思っていた

 

 

 だけどここに書いてあることは違う

 

 

 友情を築くことは選択であり、努力が必要って書いてある

 

 

 

 

 一週間前の日曜日、ツトムとタスクがJLHに遊びに来た

 サービスが終わった後、みんなで中華料理屋へ

 そこで、二時間くらい話した

 

 そのときにタスクも同じことを言っていた

 「友情を築くためには、まず自分から壁を壊していかなくちゃいけない」

 説得力があった

 彼の人生経験を踏まえたうえで熱く語ってくれたから

 そしてタスク自身も、そのことを実行できているって思った

 

 育った環境は違う 

 性格も違う

 だけど、この「関係を築く」っていうのはだれにとってもスゲー大事

 なぜなら人生は人と人との関係だから

 

 神様と近くなるために俺たちは努力しなくちゃいけない

 その努力を選び取らなくちゃいけない

 人と親しくなるために努力しなければいけない

 努力を選択しなくてはいけない

 

 この面に関してはすごい自分は疎かった様な気がする

 当り前のように友達がいて、深く考えることをしなかった

 

 だからこそ人と深い関係を築くには、時間しかないって思ってたし

 「関係を深める努力」があることにさえも気づかなかった

 

 努力は簡単なことじゃない

 だけど努力するだけの価値は確実にある

 努力するかしないかは、あなたの選択

 あなたは努力しますか? それとも時の流れに身を任せますか?

 

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

見方 part3

 いや~ アップ遅れてすいません

 この一週間、いろいろとあって…

 

 火曜日から金曜日まで実家に帰ったり、

 土曜日にはNewGenerationLivehouse

 そして昨日にはチャーチの6th Anniversaryがあったりして忙しい日々を送ってました

 

 そんなこんなで前回までのまとめアップします!!

 

 前回まで「見方」っていうテーマで書きました

 一日目はレンガの例えをつかって、

 二日目はProactive、西東京サービス、そして日曜の三回目のサービスを用いて。

 

 このすべてをまとめて言いたいのが

 「全体を予想することによって、毎日の課題に全力を尽くすことができる」

 っていうこと

 

 

 

 なんでチャーチに行ってるんだろう?って最近全く思わなくなってきた

 それはやっぱり、慣れもあると思う。

 自分にとって自然なことになってきたんだと思う。

 「慣れ」っていい面ももちろんあると思うけど、悪い面もあるよね

 たくさんの恵みが「当たり前」になってしまって、それについて全く考えなくなってしまう

 

 チャーチに関してもいえると思う

 素晴らしいリーダーに囲まれて、素晴らしい友達に囲まれて、素晴らしい環境に囲まれて、いつかそれが当たり前になって、その「素晴らしさ」が「普通」になってしまう

 

 レンガをはじめは目標をもって積み上げてたのに、そのレンガを積み上げる作業が気持ち良過ぎて(ちょっと危ないね…(笑))、レンガを積み上げるだけでいいと思ってしまう

 レンガを積み上げることが居心地がいいから、「この環境を変えたくない」って思って、新しいことに挑戦しなくなる 創造性がなくなりProactiveできなくなる

 

 チャーチに来て約1年と半年 慣れてきているのは、すごい感じる

 だから怖い 

 

 このチャーチがどんどんどんどん成長してって、いずれめちゃくちゃ大きくなったときに

 自分はどういう風に感じれるのか

 

 「慣れ」てしまって、何も考えずに過ごしたなら、

 「ああ、大きくなったんだな~」って思うと、思う

 

 だけど、この「慣れ」をとっぱらって、大きなVisionを持ち続けながら動いていれば、

 「よっしゃ~!!! やっとやっとここまで大きくなった!!!!!」

 て思えると思う

 

 絶対、達成感、充実感、満足感が違う

 この二つの違いって、大きい

 

 だからこそ、もう一回原点に戻って、何のためにチャーチに行ってるのか、何のために奉仕しているのか、を考えたい

 それが見えた時、そのvisionが確実に原動力になると思う。

 

 

 「小さなことに忠実な人は、大きなことにも忠実です。

小さなことに不忠実な人は、大きな責任を与えられても、忠実に果たすことができません。」

       ルカの福音書16:10

 

 この御言葉を最初読んだ時は、

 「小さなこともコツコツやれば、いつかきっと大きなチャンスが巡って来て、果たすことができるんだ」

 っていう意味で捉えてた その意味もあると思う

 

 だけど最近語られたのが

 「小さなことに不忠実なものが、大きなことに忠実にはなることはできない。

 なぜなら大きなことっていうのも、結局は小さなことの積み重ねだから。

 逆に小さなことに忠実であり続ければ、自ずと大きなことも達成できる」

 っていうこと 

 

 だからこそ毎日毎日の姿勢が大事。

 そしてこの毎日の姿勢っていうのは、必ず全体を見据えた時に100%発揮されるものだと思う

 「城を建てるためにレンガを積んでいる」って考えたほうが、適当に建てるよりも、必ず素晴らしい城になると思う 

 何のために今勉強しているのか を考えた時の方が、必ず成果があるし

 

 「神様にすべてゆだねているから、今は先のことは何も考えていない。」

 それもありだと思う 

 多分自分も同じ立場だったら、「神様にすべてゆだねる」っていうのが最善の決断だと思うし

 

 だけどもし、なりたいもの、達成したいこと、やりたいことがあるなら、それに向かってベストを尽くすべき

 全体像が見えているにも関わらずやらない人はもちろん、達成することができない

 

 

 全体像を見続ける力

 そしてなおかつ、現実的に動ける力

 この二つがマジで大事 

 

 そう語られた1週間でした。

 

 「小さなことに忠実な人は、大きなことにも忠実です。

小さなことに不忠実な人は、大きな責任を与えられても、忠実に果たすことができません。」

       ルカの福音書16:10

 

 

 

  

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見方 part2

 前回の記事の続きです

 

 

 このレンガの例えを使って何が言いたいかと言うと

 「全体を見る」ということ

 

 

 まずは先週の木曜ライフグループでやったことからシェアするし

 テーマは「プロアクティブ」

 ニキビを治すアレではありません(笑)

 

 

 

 proactive  日本語になおすと「先取り、積極性、etc」

 

 リーダーがしようとしていることを、考え、予測し、動く力

 「ここでリーダーがこうやると思うから、先にやってしまおう。」

 

 未来の必要を見つけて、そのために準備する力

 「ここで、この必要が出てくるから、そのために今のうちから準備しよう。」

 

 例えば、旅館とかで温泉に入っている間に、女将さんたちが布団を敷いてくれるのもproactiveの一つだと思う

 proactiveをされたほうって嬉しいよね

 だって部屋に帰ってきたらもう寝る準備が整ってるから

 

 そして思うのは最初に

「お客サンが温泉に入っている間に布団を敷いたら、喜ぶんじゃないか?」

って考えた人はすごいってこと

 考えるっていう点でproactiveには想像力が必要

 

 相手のニーズを考える、つまり先を見ることによって、その問題に対して自分の意見を持つことができる

 

 「それじゃ、もし自分が~のリーダーになったらどう動くのか?」

 

 っていうのをライフグループでやった。

 

 

 次に土曜日の西東京サービス

 「どうやって問題に対して立ち向かうか?」

 竜太サンが4つのポイントで説明してくれた

 

 その中でも四つ目のポイントで言ってた「集中し続ける」ということ

 民数記13:26~33で

 イスラエルの人々が、カナンっていう通称「乳と蜜が流れる」すばらしい国(だけど住人がめちゃくちゃ強い)に攻めようかどうしようか、と悩んでいる時に対しての二つの意見が書かれてる

 1つは、「俺たちには神様がついてる。絶対攻め落とせる!!!」

 もう1つは 「100%無理、帰ろ…」 っていう意見

 

 

 後者は問題だけにFocusし過ぎたために、おじけづいてしまった

 前者は問題の先にある目的、褒美(ここでいうカナンの国)に重点的にFocusしていた

 そして何よりも神様がともにいることを確信してた

 

 小さな問題から大きなvisionを常にみる大切さ

 問題ばかり見ていると、目的を忘れてしまうこと

 

 

 

 

 そして最後に日曜の三回目のサービス

 「自分たちは、ある日のために準備している」

 と、いうこと

 

 「ある日」がいつ来るかは俺たちにはわからない

 しかし、その「ある日」は必ず来る

 「ある日」は個人個人によって違うかもしれない

 

 大学に合格する日

 

 甲子園で優勝する日

 

 芥川賞に入賞する日

 

 結婚相手と出会う日

 

 

 

 本当に人さまざまだと思う

 だけど、どれも大事な日であることは確かで、俺たちが最善の準備をしなくちゃいけないことも確か

 

 そして、

 

 大学に受かることも、

 

 夢の舞台に立つことも、

 

 賞を得ることも、

 

 結ばれることも、

 

 

 

 一日で全て起こってしまうように一見、みえるけどそうじゃない

 毎日、大学合格に近付いているし、

 毎日、夢の舞台に近付いてる。

 

 毎日を一生懸命生きなくちゃいけないっていうこと

 

 

 

 自分はこのメッセージでも感じた、

 今を最高に生きるための、

 未来への視点の大切さ

 

 

 ライフグループ、西東京サービス、日曜のサービス…

 すべてで「大きな全体像を持ちつづける大切さ」について語られました

 

 

 そして、明日は「まとめ」アップします!!

 次回へ続く!! 

 

 

 ポチっとな

↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ  

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«見方